自民党石原伸晃元幹事長が、新型コロナウィルスに感染した件で、上級国民、特権階級という言葉を使った批判的なコメントがネット上で広がってるみたいだ。

 

石原議員は、同僚議員の勧めでPCR検査を受け、翌日陽性の結果が出ると、既往症があるとのことで即入院。症状はないらしい。無症状でも既往症や持病を抱えるなどリスクのある人は入院して容態急変などのリスクに備える。それ自体は非難されることでもなんでもない。むしろあるべき医療の姿なんだと思う。

 

けど、春から予想されていた冬の感染拡大に備えて、1度目の緊急事態宣言解除から今までの間、検査体制の拡充や医療資源の増強(人、物含めて)、医療体制の見直しやフレキシブルな態勢作りなど、山ほどのやるべきことを一体政府はどれだけやってきたのかって不満の上に、ここのところ、新型コロナウィルスに感染して入院待機中や自宅療養中に急変して亡くなる方のニュースが連日のようにある中で、与党の有力先生は無症状でも即入院、という点に引っかかりを覚える人続出、というのは不思議でもなんでもない気がする。

 

望めばいつでも医療が受けられるなら、このウィルスの感染拡大に危機感がうすくても当然なのかもしれない。