朝はテレ朝、夕方はTBSのニュースを見ている。どちらもGOTOが始まってから、祭り、得々祭り状態で、トラベルにしてもイートにしても利用しないと損をするぞと、毎日けしかけられてるような気さえした。

それがここに来ての感染急拡大を受けて、打って変わって、新型コロナ関連のニュースが中心になっている。

 

gotoをするなら、医療の現場の体制を整えること・検査能力を拡充することを同時に、gotoにかける労力と予算額以上をかけて準備しなきゃいけなかったんだろうと思う。国も自治体も何もしてこなかったとは思わないけど、まだ冬の入り口にさしかかったこの段階で、これ以上は耐えられないという声が医療の現場から上がっているということは、国も自治体も準備が足りなかったということなんだろう。医療のマンパワーを短期間で拡充するのはそう簡単なことじゃないとは思うけど、秋冬には大きな波が来るだろうとは、春の頃から心配されていたのだから、そんなの言い訳にもならないんだろう。

 

6月18日に、14の県知事はじめ、学会、経済界、労働界、スポーツ界、芸術界など各界の有識者100名以上が名を連ねた、新型コロナ対策への緊急提言が発表された。この提言では、PCR検査数について、9月末までに1日10万件、11月末までに1日20万件の検査能力の構築を訴えていた。

提言の時点から11月末まで、5ヶ月強。ドイツが5月末時点で1日15万件の能力を実現したことを考えれば、11月末までに1日20万件の検査体制の構築は決して無茶な目標ではない、と言われていた。

 

でその11月末、26日現在で日本のPCR検査の最大能力は1日あたり85680件。でも実施検査数はその半分に満たない。陽性率が30%を超える県も出てる。

 

政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身会長は「個人の努力に頼るステージは過ぎた」と言った。そのステージの間、国は何をしていたんだろう。

 

gotoで経済を回さないと、コロナで死ななくても自殺者が増える、という言い方を見かけることが結構ある。

で、そういうのを見かけるたびに、経済を回すこと、自殺者を出さないために何とか知恵をしぼること、それはgotoを止めないこととイコールなんだろうか、と疑問に思う。