GO TOキャンペーン、22日から実施と発表されたのは、先週の金曜日。それから6日。実施まで1週間を切った段階で、東京は除外、と決まった。

 

実施の延期ではなく、東京外し。

 

そもそも1兆7000億の「GO TOキャンペーン」は予算審議の時から、この補正予算に今入れる話か?と批判されたけれど、感染収束後の経済刺激の起爆剤の一つだと押し切られた。

 

いったい今、感染は収束してるんだろうか。「問題ない」という言葉をいくら繰り返したって、ウィルスは聞く耳持たないし、忖度してくれないし。問題ない、と唱えれば感染拡大は止まるんだろうか。

         

そして批判されたら「東京外し」というなんとも半端な解決策?。

「分科会の専門家の了承」が錦の御旗になるのかも。

 

怒涛の勢いで政府が壊れていってるような気さえする。