4日の参院財政金融委員会で、日本の新型コロナウィルスの死者数が欧米諸国と比べて少ないことについて述べた麻生大臣の発言がニュースになってる。

 

外出禁止のような厳しい対策を取らなかった日本の新型コロナ対策の評価を質問された麻生大臣は、フランス、英米に比べ100万人当たりの死亡率が日本は低いと指摘した上で、「おまらだけ薬を持っているのかと海外からかかってきた電話でよく言われたが、『オタクとうちの国は国民の民度のレベルが違うんだ』と言うと、みんな絶句して黙る」と述べたという。

 

 

日本の死者数が少ないのは何故なのか。確かに欧米と比べれば桁違いに少ないけれど、東アジアは日本同様というより日本より少ないし、何か特有の理由があるんだろうと色々な説が建てられているけど、まだ決定的な説明はされてない。

 

遺伝子の差なのか、すでに似たようなウィルスに接した過去があるからなのか。生活習慣の差なのか。

民度が違うっていうのも、ネットでたまに見かける気がする。

 

 

麻生大臣が「民度が違う」と言って絶句させた相手は、どんな人たちだったんだろう。「みんな」って言うくらいだから、複数の相手だったんだろうけど。

 

日本すごいね、の絶句だったんだろうか。