森法相の答弁、、を見て

黒川検事長の定年延長問題。政府側の答弁は二転三転してる。

この件での国会でのやり取りを見れば見るほど、大臣の答弁の価値がどんどん軽くなっていくように思える。

 

この件では主に森法相に野党の質問が集中している。

今日は枝野議員の質問への答弁で初っ端から、シナリオではなくファクトに基づいてい欲しいと発言し、あの委員長にまで注意されていた。

 

枝野議員が示した表は、これまでの政府答弁を時系列に整理した、ファクトの一覧表みたいなものだったけど、森法相は、そこに何かの筋書きを読み取ったんだろうか。自らのシナリオとのズレでも感じたんだろうか。

 

やり取りを見てると、どうしても森法相始め政府の側の答弁は無理くりのように思える。

毎回の質疑を見てるわけじゃないけど、今日の森法相はなんだかもう開き直ってるようにさえ見えた。過去の自分自身の答弁について、玉木議員に矛盾を追及されると、騒がしいなかの質問でよく聞こえなかった、ときた。

 

もうなんだかなあ。