船内隔離批判の動画削除の報を見て

昨日ユーチューブで視聴した、神戸大学の岩田教授の動画。今朝突然削除されてたと知ってびっくり。

 

削除の理由は、船内の感染管理の環境が大きく改善されたこと、検疫の経過に関する情報も公開され、投稿した動画の役割は果たされたという説明みたいだ。

 

動画が投稿されたのは18日夜、19日夜には、岩田教授を船内に引き入れる手助けをしたという高山医師が、岩田教授の動画について、教授の勘違いや「抜けているところは修正させていただきたい」とフェイスブックに投稿。

20日朝に、動画は削除された。

 

報道によれば、岩田教授がクルーズ船に滞在したのは2時間ほどだったというから、高山医師の指摘する通り、教授の思い違いなどもあったのかもしれない。けど、後手後手に回ってるように見える政府の対応や、日ごとに増える感染者の報道を見ると、船内隔離は適切だったとする政府への反論は結構すんなり納得できる。

 

報道によれば、クルーズ船に対する日本政府の対応については、評価が分かれてるみたいだ。専門家じゃないから政府の対応の是非について何か言えるような知見はないけど、5日の時点での船内隔離という判断はともかく、その後も対応を見直すことなく一旦決めた隔離という方針をひたすら守るのみのように見えるのは、不安しか覚えない。