如才ない能吏、、

次期検事総長の人事が注目を浴びているみたいだ。

現東京高検検事長の黒川弘務氏の異例の定年延長がそのきっかけだ。検察庁法違反も指摘されているらしい。

 

報道によると、検察内部では黒川氏の定年延長が閣議決定される前は、現名古屋高検検事長林真琴氏が次期検事総長の本命候補だったらしい。

 

黒川さんは「官邸の用心棒」、林さんは政治色がないと言われているみたいだ。ひるおび!の八代弁護士は、二人ともとても優秀でどちらが検事総長になっても不思議はないというようなコメントをしていた。

 

 

両氏とも知っている前川喜平さんは、東京新聞に連鎖中のコラムで、黒川さんを「如才ない能吏」、林さんを「冷静な理論家」と評していた。

 

 

優秀な官僚は、日本の宝なんだと思っていたけど、モリカケに続いて桜問題について官僚の弁明を聞いていると、その能力の価値も使い方次第なんだと心底思う。

如才ない能吏の支えなしには、ナチスホロコーストは不可能だったというし。