「久兵衛」、、、

 

桜を見る会」で安倍首相の切り札は「久兵衛」なのかもしれない。

今日の午前中の衆院予算委員会、黒岩議員の質疑の時間、総理は何回「久兵衛」の名を連呼したろう。

 

この問題の当初、「久兵衛」の寿司が出されたのに五千円はありえないという説が一時流れた。実際は「久兵衛」の店主自身が問題の食事会に寿司を提供していないと発表したことでけりがついたと思ってた。

 

ここのところの「桜を見る会」関連の報道、国会審議では、名簿の破棄やら領収書やら明細書やら、「桜を見る会」に関係する文書と名がつくものが一切出てこないことから深まる疑問(たぶん本来は謎でもなんでもないようなことなんだと思うけど)や公文書管理の問題などが次から次へと湧いて出て、「久兵衛」のお寿司が実は出ていなかったことなど、言い方はなんだけど、もうどうでもいいことですっかり忘れてた。たぶんそれは自分だけではないと思う。

 

今日の予算委員会、通してみたわけではないけど、自衛隊の中東派遣から、選択的夫婦別姓、カーボンプライシング国民のお金を海外に吸い上げられるかもしれないIRよりも再生可能エネルギーを日本経済再生の柱にしよう、という主張まで、午前中に限っては「桜を見る会」の質問はかなりセーブされてたと思う。

 

なのに終わってみれば、総理の「久兵衛」連呼が一番記憶に残ってる。

桜を見る会」問題については、総理の答弁はかなり無理筋の普通はありえない状況の積み重ねで、どう贔屓目に見ても守勢に立たされてる。

そんな中、総理にとって唯一の反撃材料なのかもしれない「久兵衛の寿司」の連呼。

黒岩議員の質問に答える最中、興奮した口調で「久兵衛」「久兵衛」と連呼し、黒岩議員を嘘つきと決めつけた。

こんな形で全国放送で店名を連呼される店側もいい迷惑なんだろうなあと思う。

 

 

桜を見る会」前夜祭の会費5千円は、政治資金収支報告書に記載がない。参加者とホテルの個々の契約であり、安倍事務所はそれを仲介しただけで、5千円の会費は参加者から直接ホテルに支払われたため、収支が発生していないため記載する必要がない、と首相は説明を繰り返している。

昨日、辻本清美さんは、そんなことが正当化されるなら、全国の議員、国会議員も地方議員も、同じことをしますよ、同じことをしても問題ないと太鼓判を押してください、と総理に詰め寄った。

辻本さんは、普通はこんなことしない、怖くてできませんよ、とも言った。怖くてできないってのは、議員の本音なんだろうなあ。

 

都合の悪い資料は、忖度して率先して破棄してくれ、自分の子供なら、屁理屈言うな!と一喝しておしまいレベルの言い訳を編み出してくれる官僚たちを支配できるだけの権力を持つ人じゃなきゃ、怖くてできないということなんだろうか。

 

午後のトップは、黒川東京高検検事長の定年延長を閣議決定した件についての質問。今回の定年延長の閣議決定は、国家公務員法の規定によるもので、その点に違法の指摘がされているみたいだ。刑事訴訟法で強大な権力を与えられている検察官については、検察庁法に従うべきで国家公務員法を使うのは違法だ、という指摘だ。現検事総長の後任に黒川氏をつかせるための異例の定年延長ではないかという疑念が出ているみたいだ。

黒川さんという人は、「官邸の用心棒」という評判もあるらしい。

この時期用心棒が必要なのは、一連の桜問題?IR?

 

 

とりあえず、7月末から8月にかけて、黒川さんという現東京高検検事長検事総長になるかどうか。

覚えていられるかな。