ボルトン前補佐官の証人尋問がポシャったという記事を読んで

トランプ大統領の弾劾裁判でここのところ焦点となっていたボルトン大統領補佐官の証人尋問は、49対51で否決されたという。

これで5日に行われる評決では、事前に予想された通り、トランプ大統領に無罪評決が下されることが確実になったみたいだ。

共和党から2人の議員がボルトン氏の証人尋問に賛成票を投じたみたいだけど、あと2人、、。ウクライナ疑惑についてトランプ大統領との会話内容を暴露したボルトン前補佐官の著書についても、ホワイトハウスは機密情報が含まれていることを理由に、草稿のままでは出版は容認できないとボルトン氏の弁護士に当てて書簡を送ったようだ。

 

 

無罪を勝ち取ったら、怖いものなしのトランプが再戦も勝ち取ることになるんだろうか。

ウクライナ疑惑の報道を見る限り、無罪と無実は違うんだろうと思うけど、これで無罪を勝ち取れば、もう何をしても許されるんだと大統領は思うだろうか。全能感満載のトランプ。想像するだけで恐ろしい気がする。今以上に自由になるトランプ大統領って。どうなっちゃうんだろう。

 

 

登場人物も舞台も国際的だし、額も規模は全然違うけど、個人的な目的のためにトランプ大統領は外交の、安倍首相は税金の、どちらも私物化だと批判されてきた。

 

安倍首相の「桜を見る会」疑惑は、聞けば聞くほどうんざりする(それが狙いなのかもしれない)言い訳の山が積み重なってる。

けど、自民党の議員からの安倍首相批判はほとんど報道されない。なんでだろう。

いい加減うんざりしないんだろうか。日本の戦後政治を担ってきた歴史ある自民党の総裁の、常識では計り知れない言い訳の数々。自民党員の中からこそ批判の声が上がってもいいと思うんだけど。

 

 

トランプ大統領の支持率は4割近辺から上がりもしなければ下がりもしないみたいだけど、共和党の議員にとってその岩盤支持率はとても大事なものなのかな。

そういえば安倍首相の支持率も4割台をキープしている。消極的支持だろうと何だろうと言われるけど、これだけキープし続ければそれは岩盤支持層なのかもしれない。岩盤は硬いからこそ岩盤なんだろうけど、どっかにヒビを入れられないものかな。