ゴーンさん逃亡の報道を見て

保釈中のカルロス・ゴーンさんがレバノンへ逃亡した。

地方空港から楽器のケースに隠れてプライベートジェットで出国したらしいという記事は読んだけど、本当のとこはどうなんだろう。

 

保釈中の逃亡のニュースは最近たまに報道されることがあるけど、ゴーンさんほどの人の逃亡ってのは、ただただびっくり。

 

海外ドラマ(と言っても米国のドラマがほとんどだけど)なんかだと、セレブの保釈を要求する弁護人が、地域社会とのつながりをアピールする場面を見ることが結構あるような気がする。確かに地域社会とのつながりが深ければ深いほど、逃亡してそれを切ることは選択肢から外れるんだろうなあ。

 

この逃亡(?)で、ゴーンさんが失うものは保釈保証金15億円だけじゃないと思うけど。ゴーンさんには切るのを惜しむほどのつながりがなかったのかな。

それとも、それにもまして日本の司法のスタンダードに、耐えられないことがあったのかなあ。