ミルクボーイさんのニュースを見て

今年のM1グランプリは過去最高得点を出したミルクボーイが優勝した。漫才やコントなどのお笑いはテレビで見る程度なので、M1が今年初のテレビでの漫才だというミルクボーイさんの名前は、このニュースで初めて知った。

でもたぶん来年はいろんな番組に出演するだろうから、名前も顔もきっと覚えるんだろうなあ。

 

 

同じニュース番組の中で、安倍首相の映像も流れた。そのニュースの内容は忘れてしまったけど、「桜を見る会」系のような首相にとってネガティブなものではなかったと思う。

 

 

世論調査で安倍政権の支持率は、「桜を見る会」問題で多少下がったとはいえ、まだまだ40%台を余裕でキープしている。他に適当な人がいない、というのが大抵理由のトップにあげられる。当たり前のようにそんな状態が続いている。

他に適当な人がいない、と言う理由を聞くたび、なんでそれが「支持する」につながるのかが不思議でならなかった。

 

けどそれは不思議でもなんでもないのかも、とミルクボーイさんのニュースを見て、突然変だけど納得できてしまった。

史上最長の在職期間ということは、それだけ長く報道され続けてるし、その時は必ず(当たり前だけど)「総理大臣」の肩書きが付いてくるし、他に適当な人がいない、といういうより、「安倍首相」より他に「首相」という肩書きがつく顔をすぐには想像できなくなってるのかも。

慣れって怖い。

 

 

それにしても、昨日のM1は観られなくて残念。ミルクボーイさんの史上最高得点を出したというコーンフレークネタを早く見てみたいなあ。