桜を見る会」の前夜祭の件が報道され始めた頃、ジャーナリストの田崎史郎さんが(なんの番組だったか忘れちゃったけど)ワイドショーに出演して、安倍事務所は長年の経験がある事務所だから、政治資金の会計処理を誤るようなことはするはずがないと発言していたのを覚えている。

 

ここのところの報道を見ると、会計処理も招待客の扱いも、法的にも道義的にも突っ込みどころ満載、って感じがするけど。

 

他に議論すべき重要な問題がある、という批判をする人たちは、「桜を見る会」についての一連の首相の説明自体はどう思っているんだろう。天下国家の重要課題に比べればつまらない問題だと見ているんだろうということはわかるけど、首相の説明になんの疑問もなく納得してるんだろうか。

 

 

もりかけの国会論戦で野党の質問に答える官僚をみた時もそうだったけど、今回シュレッダーの件で野党の質問への官僚答弁を見た時に感じたのは、腹立ちと情けなさだけではなかったと思う。開き直ったような言い訳を堂々と述べてそれで押し切ろうとする官僚に感じたのは、今思えば恐怖だったかもしれない。何か大切なものが気づかないうちに壊れていってるような。