日韓首相は会談したけど、、

24日、安倍首相と韓国の李首相が会談。

 

安倍首相は、今のような日韓関係に関して「非常に厳しい状況にあるが、このまま放置してはいけない」と述べ、李首相も「両国が知恵を集めて難問を克服していけると信じている」と対話継続の考えを語ったという。

 

ただ何か進展があったかといえば特になく、会談について韓国側は「対話を促進する雰囲気を作るという目標は達成した」と前向きに評価してるみたいだけど、日本側は「(日韓の)認識が違っていかも」。溝は埋まらないままみたいだ。

 

東京新聞朝刊の記事によれば、【安倍首相は受け取った親書に目も通さず】元徴用工問題について【「国際法違反の状況を改善せねばならない」】というこれまでの主張を繰りかえしたという。

 

日韓関係をこのままにはできないと安倍首相はいい、議員や若者、地域間の交流の重要性を強調したというけど、記事によれば【日本政府高官は「文大統領の対応次第だ。ボールは韓国にある」と突き放し、日本側から関係修復に乗り出す姿勢は見せない。】という。

 

 

先週の東京新聞の記事によると、文大統領の訪日をめぐり、両国の議員外交などを通じ水面下で調整が進められていたという。

韓国政府は日本に特使を派遣し、徴用工問題の解決策として両国の企業と韓国政府が共同で補償する「1+」案を提示。日本企業が一旦補償に応じた後、韓国政府が相当額を企業に返済するなど案など、【「日本企業に金銭的被害がないようにする」(韓国与党幹部)】方向で解決策を模索していたという。

また、文大統領の訪日実現を条件にGSOMIAのは機決定の撤回を検討する考えも示唆していたらしい。

結局、その調整はうまくいかず、文大統領の訪日は見送られ、李首相が来日、安倍首相と会談ということになったけど。

 

 

国際法違反の状態を解決しなければならないのは韓国、ボールは韓国にあると繰り返す日本政府。

韓国側が提案した、元徴用工への補償をしつつ実質日本企業に負担をかけないという妥協案さえ一顧だにしない。

日本からは関係修復に乗り出す姿勢は見せないというけど、韓国がどうするのを待ってるんだろう。日本は答えを持って待ってるんだろうか。韓国が日本の期待通りに動かなかったらどうするんだろう。

これは戦略的忍耐ってやつなんだろうか。それとも単に待てば海路の日和ありなんだろうか。