スリランカのテロの報道を見て

日曜日に起きたスリランカ自爆テロは、24日までに死者が359人に上ったみたいだ。
自爆テロの実行犯は計9人、うち一人は女性だという。

報道によると、実行犯のうち2人は兄弟で、その父親はスパイスの取引で財をなしたという。この兄弟の他にも、実行犯のほとんどが高等教育を受けた中流以上の家庭の出身者らしい。

高学歴の裕福な家の子供で思い出すのは、2016年にバングラデシュで起きた人質テロ事件。あの事件でも、実行犯の中に、高学歴の裕福な若者が含まれていた。
仏教徒が多数のスリランカイスラム教徒が多数のバングラデシュじゃ事情は全然異なるんだろうけど。
やっぱりどうしても、何が不満で?と問いたくなってしまう。

イスラム国が犯行声明を出したけど、自爆の実行犯たちがイスラム国のために中東に行ったことがあるのかの証拠もまだ見つかっておらず、今回のテロ攻撃とイスラム国のつながりについての明らかな証拠はまだ上がってないらしい。

スリランカでは仏教徒が70%の多数を占め、その他少数派はヒンズー教徒13%、イスラム教徒10%、キリスト教7%。20年以上続いた内戦では、宗教対立の要素はなかったというけれど、報道によると、2009年の内戦終結後、過激派仏教徒の集団がイスラム教徒を迫害することが増えていたらしい。過激派仏教徒キリスト教も標的にしていたという。
新聞の受け売りだけど、キリスト教徒もイスラム教徒も共に、過激派仏教徒の標的であり、これまでは2つの宗教間に暴力的な対立はなかった。のに、今回のテロ。

事件の後、報復(多分そうだろうと見られてるみたいだ)で店を焼かれたイスラム教徒もいるらしい。