トランプ大統領のギフトの記事を読んで

21日(木)トランプ大統領は、ゴラン高原についてイスラエルの主権を認める方針をツイートした。国際社会からの非難なんて当然物ともせず、25日に、ゴラン高原についてイスラエルの主権を認める宣言に署名したという。

トランプ大統領は、パリ協定からも TPPからもイランの核合意からも公約通りに離脱したし、壁の建設も進めようとしている。
これが”決められる政治”ってやつなんだろうか。超大国だからできることなのかもしれないけど。

それにしても、パリ協定にしてもイランの核合意にしてもエルサレムの首都認定にしても、まさか本当にそんなことはしないだろうと(専門家は言っていたような気がする)思われていたことをトランプ大統領はいとも簡単にやってしまった(ように見える)。

国際的な約束事や長年の方針までこれほど簡単にひっくり返してしまうのを見せられると、辺野古の埋め立て工事を中止することなど、なんてことないように思えてくるんだけど。