3・1独立運動の報道を見て

3・1独立運動の100周年の式典で、文大統領は、「親日残滓の清算は、長く先送りされてきた宿題だ」と語った。ここでいう「親日」とは、独立運動を弾圧するなど日本の植民地支配に協力した人たちを指すという。文大統領は「親日残滓の清算も外交も、未来志向的でなければならない」と主張し、日韓関係については「朝鮮半島の平和のために日韓の関係も強化する」と述べたという。


朝のテレビ番組、韓国での街頭インタビューで30代くらいの女性が「日本は謝罪すべきだ」と話していた。前後の発言はなかったから何に対してそういったのかわからないけど、最悪と言われる日韓関係の中での文大統領の親日残滓の清算発言についての流れだったから、従軍慰安婦問題や徴用工問題なども含めた過去の日本の植民地支配に関することへの謝罪なんだろう。

村山談話河野談話をはじめとする日本政府の謝罪を知らないのか、それともそれらをよく知った上でまだ謝罪が足りないと思ってるのか、その辺はよくわからない。日本政府の謝罪は韓国の人たちにあまり浸透していないとはよく言われるけど、実際はどうなんだろう。


十分な謝罪かどうかは、謝罪をしなければならないようなことをした側と、された側で、そのレベルはずい文違うんだろうなあと思う。
植民地にされた側とした側では、同じ史実を全く違う目で見るんだという当たり前のことを、ここのところの3・1独立運動関連の報道で、改めて思い知ったような気がする。
朝鮮半島と日本は長い間歴史を共有してきたはずなのに。朝鮮半島から見た日本についてこれまで考えたことがなかった。