”壁”、、

報道によると、トランプ大統領民主党指導部の”壁”建設をめぐる協議は、あっという間に決裂したみたいだ。
政府閉鎖を解除しても壁建設に賛成しないという民主党ペロシ下院議長の回答を聞くと、トランプ大統領は「話し合うことは何もない」と言ってすぐに部屋から出たという。

トランプ大統領は非常事態宣言で建設費を捻出する可能性にまた言及したという。
両者譲らずの状況を打開するにはこの方法が現実的かも、という新聞記事もあった。ただこの手で壁を作ろうとしても、憲法が定める議会の予算決定権を侵害したとして訴訟が起こることが予想されるという。それが片付いても、壁の建設予定地の土地所有者との交渉がある。
トランプ大統領の残り任期を考えると、実際に壁が作られたとしても、ほんの僅かの距離分に過ぎないだろうと記事にはあった。

公約実現ができないとしても、トランプ大統領は2020年の再選キャンペーンで、邪魔されてできなかった、今度こそ壁を作る!と、アピールできるらしい。その通り”壁”再び作戦でくるつもりなら、ここで民主党と対立すればするだけ、「力を尽くしたのに邪魔された」アピールになるのかもしれない。

なんだか転んでもただでは起きないって感じ。