壁建設を訴える大統領の記事を見て

8日(火)トランプ大統領はメキシコ国境の壁建設の必要性を、国民に向けてテレビ演説で訴えたという。
トランプ大統領にとって壁建設は大統領選の看板公約だそうで、再選に向けては何をおいても公約実現!ということらしい。

公約実現のためには、政府機関の一部閉鎖などトランプ大統領にとっては大した問題じゃないんだろう。閉鎖が長く続いてもかまわない(正確な言い回しは覚えてない)というような発言もしたと報じられていたし。
テレビのニュースなどでは、自由の女神や国立公園など観光関連の施設の閉鎖の報道が主だし、閉鎖とは実際にはどういう範囲でどういうことが起きるのかよくわからない。けど、農場の補助金申請が遅れたり、給与が払われず、働いている人たちが支払いに困るとかいう報道を見ると、国立公園にただで入れるというようなレベルの問題ではないらしいことはわかる。

それもこれも全ては壁のため。大統領は議会の承認を得ずに建設費を捻出する非常事態宣言を検討するとみられてるという。

大統領は不法移民による殺人や性的暴行など多発する犯罪を阻止するために壁が必要だという。
民主党もテレビ演説で、「危機をでっち上げることを止め政府閉鎖を解除すべき」と反論したしたという。

トランプ大統領にとっては”壁”というより公約実現コンプリートが大事なことなんだろうけど、大統領の支持層にとってもそれは同じなんだろうか。それとも支持層に人々にとっては、”壁”そのものが大事なことなんだろうか。