レーダー照射の記事を読んで

20日に、韓国海軍の駆逐艦海上自衛隊のP1哨戒機にレーダー照射したという件で、28日に防衛省がその様子を撮影した動画をホームページで公開した。


日本側は、5キロの位置で1回目の照射を受け、2回目を8キロの距離で受けた後、無線で韓国側に呼びかけたけど応答なし。ただパイロットは砲身が機体に向いていないことは確認したみたいだ。
13分の動画には、韓国側が捜索中だったと説明している北朝鮮漁船とみられる船や救助のゴムボートなども写っていたらしい。動画は28日午後韓国側にも提供されたという。

韓国側は早速反発。「救助活動をしていた我が国の艦艇に、哨戒機が脅威を与えるような低空飛行をしたことに失望する」と海上自衛隊を批判したという。


照射されたレーダーについて、防衛省は受信した電波の特徴を分析した結果、火器管制レーダーだと断定。
報道によると、レーダーについて韓国側は、「作戦活動中にレーダーを運用したが、哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」「レーダーの横についている光学カメラを使った。カメラが作動すると(レーダーが)動くようになっている」「(レーダーの)電波の照射はなかった」
と説明。この”レーダー”は、火器管制レーダーとは別のレーダーだという。

 

駆逐艦との距離について、韓国側は、哨戒機が脅威を与えるような低空飛行をしたと批判してるけど、日本側は航空法などに定められた150メートル以上を保っていたという。

 

呼びかけは緊急周波数など3つの周波数を使い英語で実施との日本側の説明に対し、韓国側は通信強度が微弱で雑音が酷かったと説明。

 

報道によると、防衛省は映像を公開する前に韓国に提供するなど関係をつなぎとめるための一定の努力は続けるという。28日の午後に提供したともあるから、公開されたのが何時なのか知らないけど、公開の数時間前に提供したことになるのかもしれない。
動画を公開したのは、日本側の主張が正しいと国際社会にアピールする狙いだという。ことが起こってから1週間超の間にどれだけ協議をしたんだろう。お互いの事実認識が違うんだろうか、それとも誤解があるんだろうか。


韓国メディアは保守から革新まで、日本政府の対応を批判しているという。支持率が下がってきているという韓国の文大統領は、支持者をつなぎとめる対応をするだろうとは誰しも思うんだろう。


日本の世論がどういう感じなのかよくわからないけど、自民党の会合では「韓国政府に謝罪を求めるべきだ」などと批判が相次いだという。

 

日本でも韓国でも支持率が下がれば下がるほど世の人々の声を意識した対応をせざるをえなくなるのかもしれない。とりあえず世の人々のひとりとしては、早いとこ問題を解決して、お互いに不信感が残らないよいうにしてほしいと思う。

それにしてもネット時代の世の人々の声ってなんなんだろう。謝罪をもとめる声ばかりが世の人々の声じゃないと思いたいけど。

為政者は声に縛られるようでいて、その声を利用したりするのかなあ。