火器管制レーダー照射の記事を読んで

韓国海軍の駆逐艦海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題は、日韓双方の主張が異なっている上に、火器管制レーダーだの別のレーダーだの言われても知識はないし、どちらのいうことが軍事の世界の常識に近いのか、真実っぽいのはどちらなのか、正直わからない。


先日の羽鳥さんのモーニングショーでこの問題を解説する専門家の話を聞いていたら、韓国の言い分より日本の方に理があるように思えた。でも、元々何の知識もなく、専門家の説明に疑問を挟むことすらできない状態だから、別の専門家に韓国の主張に沿った説明をされれば、それに納得するような気もする。


岩屋防衛相は、再発防止を繰り返し要求する一方、防衛当局間の協力維持に向け協議する考えを示したという。韓国国防省も、「誤解を解くための協議が行われる」と発表したという。双方とも非難の加熱は避けたい意向らしい。
でも周りはどうなのかなあ。
勇ましっぽい表現の好きな人たちにとっては、勇ましっぽい言葉を吐き出すのに格好の”ネタ”って感じがする。