ハイキュー!! 第330話 エースのさだめ 感想

梟谷対狢坂は、今の所、木兎対桐生のエース対決にスポットライトを当てる展開だ。
「他人の評価を気にしたり、他人と自分を比べたり」してしまうのが大多数だと思うけど、そういう自分を客観視して「負けてたまるか」と自分を高める原動力にすることができる桐生は、「雑念」が全くないように見えるエースたちとは違った強さがあるんだろうと思う。


相手サーブでも当然のように狙われる木兎。ヘビ戦で音駒の山本がいろいろ狙われた時、心折れそうになるシーンがあったと思うけど、木兎さんが狙われるこのシーン、本人よりも赤葦さんのダメージの方が大きそうだ。
この大会、木兎さんは本気で優勝狙ってるみたいだし、何れにしても梟谷での集大成の試合になるんだろうし、1年下のセッターとして木兎さんを支え続けた赤葦にとっては気負わずにはいられない試合なんだろう。

狢坂の木兎対策はここまでは当たってるみたいで、木兎さんはなかなか気持ちよく決めさせてもらえない。サーブでも狙われてブロックでも対策されて、普通なら重圧に負けて心折れるのも時間の問題なのかも。でもボクトだから。
強い相手に心折れることはないという、ずっと以前の赤葦さんの言葉は心強いけど、木兎さんのことを多分3年分たっぷり知ってる黒尾さんの心配は気になる。
木兎さん自身の反応ははっきりとは描かれていないけど、、他が心折れそうな時には頼りになるエースらしいから、多分大丈夫なんだろう。

狢坂の木兎対策は同時に赤葦にも効いてるみたいだ。赤葦のことだからモーションがバレバレのツーというわけでもなかったんだろうけど、木兎さんが連続してスパイクを決められず焦りもあったのかなあ。
他のメンバーはいつもと変わらない様子だけど、赤葦さんは悪いリズムにはまっているみたいだ。ウシワカの一言で五色が正気を取り戻したように、木兎さんが赤葦さんを平常モードに戻す場面がどこかにくるんだろう。

それにしても狢坂のセッターはここまで赤葦の攻撃パターンをすっかり読んでいるみたいだけど、あたりが続いているだけなのか、それとも無邪気そうな顔をした超曲者なのか、どっちだろう。
ツインタワーMBは二人とも面白そうだし、桐生も魅力的だし、この試合やっぱり楽しいかも。