ハイキュー!! 第329話 全国三大エース 感想

影山やウシワカ基準で見ると、マークされて心が折れなんてことはありえないことのように思えるけど、多分彼らのようなのは全くの基準外なんだろう。

3大エースの一人桐生は、見た目の印象からなんとなくパワー系のスパイカーなんだろうなあとは思っていたけど、それだけじゃなかったみたいだ。

伊達工戦で心を折られた旭さんのエピソードを読んで、バレーボールという競技でエースってのは困った時こそボールが集まる特別な意味を持つ言葉だと知った。そのエースが徹底してブロックされるときに感じる恐怖はハイキュー!!で何度も描かれてきたけど、実際に経験したことがないからやっぱり理解しきれない。

中学の全国大会、執拗にマークされても打ち続けた桐生が「、、打てる 決めろ 打てる!!」と跳んだ最後の瞬間に打つことを回避したのは印象的だった。「打てる!!」と心で思った瞬間と打つことを回避してしまった瞬間の間のほんのわずかな時間。ウシワカとの差はそのわずかな間に彼を捕らえた恐怖なのかなあ。一瞬の脆さかなあ。それとも、なんだろう。

でもその瞬間があったからこその今の桐生みたいだ。もともと(稲荷の双子も言ってたけど)バレーボールのプレイ全般に器用な選手だったらしいけど、黒尾や解説者の言葉からすると、”悪球打ちの桐生”と呼ばれるようになるまで地味なトレーニングを積んできたみたいだ。実直な性格なんだろうなあ。
それにしても乱れたトスにも対応してなおかつパワーで打ち切ることができるエースなんて、相手チームからしたらどうにも厄介なスパイカーだ。


それにしても今回は中学時代のウシワカと稲荷の双子を見られただけでもなんか得した気分。

 

ウシワカは強力なパワースパイカーであることが最大の売りなんだろうと思ってたけど、もしかしたら最大の魅力は、崖っぷちに立っても「エース」であり続けることができるその精神力にあるのかもしれない。

そうなると、3大エースの最後の一人サクサがどんなスパイカーなのか、俄然気になる。
木兎さんと3大エースのギリギリの差は一体どこにあるのか、この試合でそれがわかるのか。強い相手とやるときの木兎さんはいつになく楽しそうだし、この試合結構いろいろおもしろそうで嬉しい。