サウジアラビアへの支援の重要性を語るトランプ政権の報道を読んで

報道によると28日(水)マティス米国防長官とポンペオ米国務長官が、上院の非公開会合に出席し、イエメン内戦に介入するサウジアラビアへの支援継続の重要性を訴えたという。

アラビア半島のアルカイダやISなどのテロ組織やイランの勢力拡大を阻止するためには、中東における重要な戦略パートナーであるサウジアラビアへの支援が重要、ということになるらしい。
ポンペオ国務長官は記者団に対し「ムハンマド皇太子と殺害の指示を結びつける直接の情報はない」と強調したという。

カショギ氏殺害に対する米議会の反発は強く、サウジへの武器輸出を中止させようという動きも出てるという。
殺害にはムハンマド皇太子の指示があったと結論付けたCIAの長官の出席がなかったことも議員たちは不満らしい。
結局CIAは、報道にあったように、皇太子の指示があったと断定したのかしてないのかどっちなんだろう。

アメリカの軍事支援を止めることは、どういう意味を持つんだろう。

遠足のバスを空爆するような杜撰な蛮行に対しては、なんで支援を続けるんだろいうと単純に思ったけど。