タガが外れてる

イエメンの内戦介入でもサウジアラビアは国際的に批判されていたみたいだけど、カショギさんの殺害事件でそれはより大きな声になったようだ。

 

先週、その殺害事件にムハンマド皇太子の関与があったとCIAが断定したと報道があったけど、20日(火)にトランプ大統領は、「CIAは判断を下してない、決定的なものは何もない」と声明を出した。今日の朝刊には、ムハンマド皇太子が実弟のハリド駐米大使に対し「すぐにカショギを黙らせろ」と指示した通話記録をCIAが所持してるとトルコ紙が報じたとの記事。


直接的な証拠はないみたいだけど、その殺害にムハンマド皇太子の関与が疑われてる。結婚の書類を餌におびき出して殺す。報道される事件は、まるで犯罪組織による殺しのようだ。


でも、アメリカファーストのトランプ大統領にとっては、そんな疑いは大した問題じゃないみたいだ。