4島返還方針は変わりないという記事を読んで

1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させるという日ロ首脳会談での合意に関して、安倍首相は、「日本側は、交渉対象は北方4島の帰属問題との立場だ」と説明したという。共同宣言には、歯舞、色丹の引渡ししかないみたいだけど、それを基礎に交渉することと4島返還を求める従来の日本の方針とは「何ら矛盾しない」という。

プーチン大統領が、引渡し後の歯舞、色丹2島の主権は今後の交渉対象になると発言したことについては、菅官房長官は「返還されれば当然、日本の主権が確認される」と明言、安倍首相は「コメントは差し控える」。


日ソ共同宣言(平和条約締結後、歯舞、色丹を日本に引き渡す)を基礎に平和条約交渉の加速し、4島の返還を求めつつ、4島の帰属問題に決着をつける。

とりあえず、よくわからない。