2島プラスアルファ?

報道によれば、日ソ共同宣言(1956年)を基礎に平和条約締結交渉を加速させることで、プーチン大統領と合意したと安倍首相が14日明らかにしたという。
日ソ共同宣言では、平和条約締結後、歯舞・色丹を日本に引き渡すと明記。
この機を逃さず「2島プラスアルファ」で解決を目指すべきという識者もいれば、国後・択捉を永久に放棄することになり下手すれば「2島未満」になる恐れもあるという識者もいる。一体どっちがよりありそうな状況なんだろう。


今日の朝刊の記事によれば、プーチン大統領は共同宣言について、「歯舞、色丹がどちらの主権で引き渡されるかは書かれていない。真剣な検討が必要だ」と、交渉を急がない考えを示したという。また、日ソ共同宣言を基礎にした交渉に戻りたいと要請したのは安倍首相の方からだったことも明かしたという。


「2島プラスアルファ」を目指すにしても、これからの交渉は簡単にはいかないということは確からしい。
まだ勝負は序盤ですらないのかもしれないけど、昨日今日の報道を見てると、素人目にも、プーチン大統領が1歩も2歩も先の手を打ってるような感じがする。