NARUTO-ナルト- サスケとダンゾウ(2)

穢土転生したイタチとの再会後のサスケは、まるで憑き物でも落ちたかのようだった。サスケ自身が囚われていた、制御不能になった憎しみの激情が、突然消えてしまったみたいだ。

でも、その激情は消えてしまったわけではない。
歴代の火影たちの話を聞いた後でさえ、ダンゾウの名前が出た時に一変した表情を見ると、まだダンゾウへの憎しみが消えたわけではなさそうだ。

ナルトとの最後の戦いの中で、サスケが目指す火影像が明らかにされた。すべてのつながりを絶って、全忍び世界対サスケという構図jの中で力による統治を目指す。サスケに言わせれば、それが革命ということらしい。

すべてのつながりの中には、自分自身の憎しみによる繋がりも含まれていたんだろうか。ダンゾウという存在が生まれたわけを知り、そのような存在がこの先必要とされないための”革命”ではあるんだろうけど、サスケの中のダンゾウへの憎しみは、この時消えていたんだろうか。