憲法改正にチャレンジ

月曜日、ミュージックステーションが終わってチャンネルをそのままにしていたら、自民党の石破さんと安倍首相の議論が始まっていた。総裁選前の最後の生討論だという。

最後の討論と言うにはかなり物足りない感じだったけど。

一番印象に残ったのは、石破さんの発言中の安倍首相の表情かな。目が泳いでるというんでしょうか。黒目がカチカチカチカチとせわしなく右左に動いていた。
なんで目があんなに動くんだろう。目だけ見てると、とても落ち着きない様子に見えた。
対して石破さんの方は、特に発言中は、睨んでるのか?と思ってしまうくらいじっと眼差しを固定したままでいるから、二人の顔が並んで画面に映し出されると、余計に首相のきょときょとする目の表情が目立っていたように思う。

首相が憲法改正に3年のうちにチャレンジしたい石破さんは戦争体験者が存命のうちに改正をしたいという思いはあるけどスケジューツありきではないと言っていた。
「3年のうちにチャレンジしたい」という表現は違和感がある。
石破さんの言葉じゃないけど、国家国民のために憲法改正に取り組むというより、とにかく変えたいから国民に対して挑戦するという感じがして。