ハイキュー!! 33巻 バケモンたちの宴 感想(1)

稲荷崎戦の決着と、音駒戦のさわりが収録されてる。

稲荷崎戦ラストのラリーは、迫力があった。特に勝敗を決めたラストの攻防は、圧巻。この試合で、双子に変人速攻(最初はもどきだったと思うけど)をさせたこと、日向・影山の変人速攻のこれまでの戦いの数々も、すべてこの攻防に落とし込まれたような気さえする。

 

本誌で音駒戦を読みながら、今単行本で稲荷崎戦を読むと、改めて稲荷崎も烏野の攻撃をよく拾うチームだったなあと思う。ただ音駒と違って、稲荷崎は何でもかんでも拾ってしまうという印象はない。33巻でも大将さんの言葉で説明されているように、ブロックと連携してのレシーブという形になってるから、違和感は全く感じなかったんだと思う。

影山くんはブロックに止められるのは嫌だろうけど、読者としては何でもかんでも拾われてしまうよりは、ブロックで止められてしまう方がストレスがないかも。

 

33巻の表紙は日向のレシーブ。33巻も日向のレシーブは描かれていたから、これはこれでいいんだけど、32巻と33巻のタイトルからすると、表紙絵自体は、32と33を入れ替えた方がぴったりはまるような気がする。

宮城1年選抜合宿は、選抜に漏れた時点で、日向の身長問題に正面から向き合う展開になるのかと、ちょっと楽しみにしていたんだけど、蓋を開けたら、日向のレシーブがテーマで、当時は肩透かしを食ったような気になっていた。
稲荷崎戦が終わって、スパイクとは違う面のバレーボールの魅力にハマった日向をみて、合宿からのレシーブはここに繋がるのかと、とりあえず納得していたんだけど。
ここ最近の音駒戦の展開を見ると、日向のレシーブというテーマにはまだまだ先があったみたいだ。

 

稲荷崎戦は、稲荷崎、烏野共に長所を生かしあった試合展開だったように思う。ビッグサーバーがいて、速攻もガンガン使って、意表をつく攻撃をお互いに仕掛合う。といって、ただトリッキーな攻撃だけというわけではなく、スパイカーに対して献身的な両セッターの存在。

33巻の表題にもある”バケモンたち”は、それこそ呼吸をするようにバレーをする、初めから勝敗に興味がないというのではなく、無心に競技に没頭することで勝敗にこだわることすら忘れてしまうような瞬間がある人たちであるような気がする。