ハイキュー!! 第313話 「諦めない」って口で言う程簡単な事じゃない  感想

影山に必要な勇気ってなんだろう。相手マッチポイントで強烈なジャンプサーブを打ち込むことができるような影山にとって勇気が必要なプレイ、戦略とはどういうものなんだろう。

2回目のTO時の(2回目のTOをいつとったのかよくわからないんだけど)烏養さんの「勇気だしてこー」は、一体どういう意味なんだろう。影山くんの「ありがとうございます」という答えは、「勇気だしてこー」の前にここには書かれていないなんらかの指示(そういうものがあったと仮定してだけど)に対してのものなのか、影山自身が何かやろうとしていることへのゴーサインと受け止めてのものなのか、それとも他に意味があるのか。気になるなあ。何だろう。

烏野の1回目のTOの後、日向レセプションからブロードに走るも、影山は旭さんのバックアタックを選択。これで1点。大地さんのレセプション、影山は田中さんを選択。これも1点。田中さんのレセプションは旭さんのレフト攻撃、これはブレークされ音駒に1点。日向にボールは上がらないまま日向アウト。
今回日向が前衛に入ってからも日向にはまだボールが上がっていない。汗で滑るという不運もあったけど。
菅原さんの前に落として日向と菅原さんの両方をけん制したボール。フライングレシーブをしてすぐに助走距離も確保し、スパイクに跳んだ日向。結局影山くんは田中さんを選択した。研磨が考えるように、万全じゃない日向に影山は興味がないからそうしたのではなく、この場面ではリエーフに対して囮として機能してると見て取ったからだ、(たぶん)。菅原さんも影山にトスを上げた。
リエーフにとって日向は囮として働いたみたいで、結局ボールは日向以外のスパイカーに上がった。
リエーフはなんで『日向が万全の体勢じゃないとわかってても どうしても「打ってくるんじゃ?」と思っちゃうんだ』ろう。研磨の作戦は日向を囮としても機能させないものであるはずで、それはリエーフも理解してるはずなのに。
なんだかよくわからないけど、烏野の反撃は音駒の試合スタイルに合わせてなんだかよくわからないうちに第2セットを取りました、って感じになるのかなあ。それとも影山の「ありがとうございます」の意味がはっきりする分かりやすい展開になるんだろうか。
「日向潰し」は、影山にとっては「速攻潰し」。影山にとって日向を使えない(のか使わないのか)のは、どういう感じなんだろう。点数的には追い込まれているはずなんだけど、相変わらず冷静な表情のままだ。

とりあえず、日向潰しに烏野の他のスパイカーは、焦るどころか、今まで以上に丁寧にチャンスボールを作ることを意識してるみたいだ。


今回のタイトル、『「諦めない」って口で言うほど簡単な事じゃない』は、中学時代日向にとって最初で最後のバレーボールの公式大会で、影山と初めて会った時、影山に言われた言葉だ。あの時、影山は日向を見て、体格差も実力差も気力だけで埋められるものじゃない、と言った。多分日向が試合でそれを思い知ることになると思ったんだろう。

でも、日向は最後の瞬間まで、試合終了の笛を吹かれるまで、諦めなかった。
23・7の状況でコートの外に大きく弾かれたボールを追って壁に激突した時、「なんでそこまで」と後輩に聞かれた日向は、「まだ負けてないから」と答えた。
口で言う程簡単な事じゃないはずの、どんな劣勢でも「諦めない事」は、日向にとっては当たり前の事なんだろう。まだ落ちてないボールを「もうだめだ」と、途中で諦める事の方が難しいのかもしれない。

翔びたい烏をカゴに入れたら、翔びたいあまりに焦りもがき、カゴの中で暴れまくりカゴをひっくり返してしまうかもしれない。研磨は、研磨が考える日向像を元にして烏野というチームのバランスを崩すことができると考えてるみたいだ。研磨の日向潰し作戦は、そこが最終ゴールなんだろう。

でも日向は、研磨が考えるような、翔びたいだけの烏じゃない。
【レシーブが無きゃスパイクも無い  ボールが落ちたらバレーは始まらない】
【点を取るのに近道が無いってことだけはしってる】

中3の最初で最後の試合の時から、試合に対する日向の姿勢は変わっていないみたいだ。バレーボールは、ボールを落とさなければ負けないというより、勝つためにはボールを落としてはいけないゲームで、ただちょっとジャンプができる素早いだけの下手くそなチビだった頃から、日向はちゃんとそれを理解していた。