「生産性が無い」


自民党杉田水脈衆院議員の雑誌寄稿文が批判を浴びているみたいだ。現在発売中の「新潮45」に寄稿した『「LGBT」支援の度が過ぎる』というのが問題の文章らしい。

  

杉田議員は寄稿文で【LGBTだからと言って、実際そんなに差別されているものでしょうか】【LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない。つまり『生産性』がないのです】こう主張してるらしい。

 


「こどもを産む」ということと「生産性」という言葉を結び付ける発想自体にまず嫌悪感が湧いてしまう。
もしかして少子化問題に国レベルで取り組んでいる政治家の先生方にとっては、「こどもを産む」ということを「生産性」で評価するのが普通のことなんだろうか。
「生産性」という評価基準は「こどもを産むこと」を評価するような人たちは、「子供を産むこと」以外にも、「生産性」という評価基準を拡大していきそうな気がする。


新聞やネットで報道されている批判の的となっているこの箇所しか読んでないけど、人それぞれ政治的立場も人生観もいろいろあると言ってスルーしていいような立場でも主張でもないと思う。