ハイキュー!! 第311話 おしまいの悲しみ 感想(2)

「面白い翔陽が終わっちゃうのは悲しい」
研磨と日向の関係ってのがよくわからないけど、研磨にとって日向は友達でもなんでもないみたいだ。単に攻略すべき対象。
だから、100%で跳べない日向に影山は興味が無い、という発想ができるわけだ。

 

研磨の作戦は、日向が全部頑張ること、加えて影山が100%じゃない日向には興味をを持たない(つまりトスを上げない?)ことが前提になってるみたいだ。レシーブも助走も全部頑張るから、1歩出遅れてしまう。
それなら、日向に全部頑張らせなければいいのでは?と単純に考えてしまうんだけど、ダメなのかな。

研磨の作戦は、確かに囮としての日向が機能しなけれが結構な戦力ダウンになるとは思うけど、流れの中の日向の動きまでをけん制するものではないし、それほどすごい作戦とはどうしても思えないんだけど。
何より違和感を覚えるのは、これまでコートの外へ大きく弾き飛ばされたボールにも追いついてなおすぐに攻撃参加をするような運動神経の高さをさんざん見せつけてきた日向が、それほど威力があるとも思えないサーブで、こうも簡単にけん制されてしまうことだ。
これまでは、全部頑張ってなお、みんなをあっと言わせる速攻を見せてきたのに。

 

とりあえず、前回ちょっと不安だった影山のリズムは、別に日向を失っても影響受けることがなさそうだし、スパイカーそれぞれの力を最大限に引き出すトスを影山は上げてるはずだし、必ずしも日向を潰せば音駒が烏野に勝てるとは思わない。
それでも、敵の狙いが日向潰しにあるとわかったんなら、烏野も対策を立てればいいのにと思う。
烏養さんも、何をのんきに「マークされんのは”エース”の宿命かね」なんて言ってるんだろう。そもそも日向を狙ってきたチームは今までなかった(それも助走路まで潰そうとするような執拗なやり方)。初めてのパターンで攻撃されてるのに、対策は日向の頑張りに丸投げじゃあ、何のためのコーチなんだ?と言いたくなってしまう。

 

日向は他のスパイカーと連携した動きをしていたのだと、今回研磨の解説で初めて知った。最初に影山が日向に出した指示、ただブロッカーのいないところへマックスの速さマックスの高さで飛べ(これは音駒に攻略されたけど)、が、今でも日向の基本なのかとなんとなく思い込んでた。もっとも限られたコートのスペースの中、全員参加の攻撃をし続けるとなれば、それぞれ連携した動きをしなければならないのは当然なのかもしれない。

影山のサーブには4人で対応する音駒。烏野は及川さんの威力を上げたサーブには3人で対応していたけど、影山のサーブの威力の方があの時の及川さんのサーブより強烈なのかな?どれほど強烈なサーブでもレシーバーの真正面に入れば結構綺麗に上げることができるんだろうか?実際にプレイをしたことないとそういうのがよくわからない。