W杯ロシア大会 決勝

クロアチア、力尽きた。4・2。
優勝するのは強いチーム、って感じの試合だった。当たり前の事なんだろうけど。

試合終了後、テレビの実況席は、モドリッチも一定の達成感はあるでしょうと言っていた。どうなんだろう。
にわかクロアチアファンとしては、ただ残念で力が抜けてしまった。

フランスの1点目につながったフリーキックを与えたクロアチアのファウルはなんだかよくわからなかった。2点目のPKは、コーナーキックからのハンド。これも不運だったような気がする。
クロアチアの弱点だと解説されていたセットプレイからの失点。3点目は、ゴール前でディフェンスに入っていたクロアチアの選手がボールの行方を見失ってしまった次の瞬間のゴール。

攻めてる時間はクロアチアの方が長かったような気がするけど、結局決めきったのはフランスで、チャンスを逃し続けたのがクロアチア
フランスは強かった。

トロフィーが来るのを待つ間、交互に映るはしゃぐフランスの選手たちと負けたクロアチアの選手。負けた選手たちの、頭が空っぽになってしまったかのような表情が印象的だった。

MVPはモドリッチ。誰もが納得の受賞みたいだ。

1ヶ月の大会が終わってしまった。力が抜けるけど、とりあえず寝不足状態がなくなるのだけは嬉しいかも。