ハイキュー!! 第309話 誘発 感想

音駒の福永といえば、ダジャレだかなんだかよくわからない独り言(?)をつぶやく印象しかなかったけれど、戸美戦だったかフクロウ戦だったかで、コースをつくのがうまいスパイカーだということがわかった。その後の試合でも結構エースを取る描写がされていた。
地味だけど良いスパイカーのようだ。

ハイキュー!!内でほとんど喋らないキャラといえば、伊達工の青根さんが真っ先に浮かぶ。彼も今となっては結構初期からの登場になるけど、それよりさらに遡って登場する無言キャラが、音駒の福永だ。

青根さんは無口ながらも、内に秘める熱さのようなものを感じることができたし、男は黙って背中で語る的な美学を想像できないこともない(レッツではロボットになっちゃってるけど)ちゃんと人としての存在が感じられるキャラとして描かれていると思う。

じゃあもう一人の無言キャラはどうかというと、ちょっとよくわからないキャラとしか言いようがないような気がする。良いスパイカーなんだろうけど、キャラとしてはもったいないというかなんというか、青根さんとは違って、人としての存在感がまるで感じられない。福永という名前の付けられたただのキャラだ。(キャラと言えば全員ハイキュー!!のキャラなんだけど)

ともあれ今回光が当てられてるのは音駒の山本と福永みたいだ。烏野の田中さんを自分と同タイプのライバルと目しつつ、同じチームの同学年でプレイスタイルの異なる福永のことも負けられないライバルと見てるみたいだ。影山・日向と違ってポジションも同じだから、山本が何を負けられないと思うのかは解りやすい。


初期の頃は、日向の変人速攻はリードブロックじゃ追いつけないと言われていた。今も、実況が驚くような速さの速攻の時はブロックも追いついてないようだけど、普通にブロックがついてる時も多い。今回のラスト、変人速攻じゃないみたいで、リエーフがしっかりついて2枚ブロックをつくってる。
しっかりとブロッカーの手まで見えていたようだけど、納得いかないというよりは腑に落ちないスパイクを打ってしまったようだ。
まさかクロスの打ち方を忘れてしまった木兎さんのようなことはないだろうけど。

それにしても影山くんは、全員攻撃で全員囮に使えるってのに、結構ブロックにつかまってる感じがする。
ブロックを振ることだけにこだわっていた入学当初とはもう違うとはいえ、もうちょっとブロックはがしてもよさそうな気がするんだけど。