W杯 セネガルが点を取る恐怖とポーランドに取られる恐怖?

日本対ポーランド、ラストのボール回し戦術については、始めたのが残り時間がまだ結構ある段階だったから、セネガルが1点とったらすべて無に帰すという、ものすごい賭けだったみたいだ。

松木安太郎さんの解説によれば、運動量データその他のいろんなデータ(詳細の説明はなかったけど)やセネガル・コロンビア戦の状況を総合的に分析したんだろうという。その上で、1点とりにいく利益と、日本がカードをもらうリスク、カウンターを食らうリスク、セネガルが1点を取るリスクをすべて計算してボールキープがベストという決断をしたようだ。
セネガルが1点を取る可能性より、日本が1点を取れない可能性➕日本が1点を取られる可能性の方が高いという判断だとしたら、それはそれでちょっと悲しい気はするけど。
残り時間が10分近く(アディショナルタイムも含めればそれ以上?)ある段階で、死に物狂いで点を取りに行くだろうセネガルがコロンビアに追いつくかもしれない恐怖よりも、ポーランドのカウンターを食らって2点目を取られることの方を恐れたのではないかという解説が一番納得できるような気がする。


自ら点を取りに行かずに他力頼みの戦略を選択したということ自体に批判の声もおきいみたいだ。
あんなのは日本らしくない、フェアプレイじゃない、どんな時も攻撃していくという姿勢を最後まで貫くことが長い目で見ればよかったはずだ、選手のモチベーションが心配だetc。
意外にそういう声は大きいのかもしれない。今回もしセネガルが点を取っていたら、西野監督へのバッシングはすごかったんだろうなあ。
日本が1点を取りに攻撃を続けて仮にカウンターをくらって2点目を献上しする結果になったとしたら、やっぱり監督は非難されることになっただろうけど、それよりも、セネガルが点を取って、ボール回しが無駄に終った場合の方が、非難轟々だったろうなあと思う。

 

海外メディアの中にも、ラストのボール回しについて厳しい評価をするところもあるみたいだ。
確かに例えばアイスランドのようなチームが、もしも同じようなボール回しをしたとしたら、自分もがっかりしただろうなあと思う。自国のゲームと他国のゲームじゃやっぱり受け取り方は違うと思う。


西野監督はそんな可能性も含めて大きな賭けに出て、賭けに勝ったということになるんだろう。
結果をすべて自分が引き受けるという覚悟を決めて、そんな賭けに出た西野監督はすごい胆力の人なんだろうなあと思う。

できればイングランドの方が良かったけど、次のベルギー戦も楽しみです。