W杯 フェアプレイポイントの差

日本が負けた場合は、セネガルが勝つことが決勝トーナメントに行く条件だと言われていたと思ったんだけど。

結果はコロンビア対セネガルはコロンビアが1・0で勝利。コロンビア1点リードの段階で、フェアプレイポイントを日本がセネガルにリードしてるということで、日本はラスト、ボール回しでゲームを固定することを選んだ。
ポーランドもそれ以上ボールを追いかけようとせず同様に勝ちを決めることを選んだみたいだ。

スタジアムはブーイングの嵐だったけど、決勝トーナメント進出を決めるために必要な選択ならリーグ最終戦の戦い方として、当然あっていい選択だったんだと思う。

ただ、セネガルがそのまま負けてくれればいいけど、もし1点入れて追いついたら、日本は予選リーグ敗退になるという状況だったみたいだから、怖かったあ。

もしセネガルが追いついたら監督の決断は大きな誤りということになる可能性もある中、監督はどんなことを考えてこの選択をしたんだろう。この決断をした時、怖くはなかったんだろうか。
これは大きな賭けだったのか、それとも日本の勝ち抜けを確信できたからこその決断だったんだろうか。勝ち抜けできると思わなければこんな決断しないんだろうけど。

どんなことを根拠にこの決断をしたんだろう。

結果的にコロンビアが勝ったから、監督の決断は当たっていたということになる。

日本の負けが確定してから、コロンビア・セネガル戦の終了まで1分から2分、たぶんそのくらいあったと思う。

監督はこの間どんな気持ちでいたんだろう。