W杯 日本対セネガル

キックオフまであと一時間。

 

身体能力の高さに加え、アフリカのチームの中では際立って組織力があると評価が高いチームらしい。

コロンビア戦は、相手コロンビアの自滅にも助けられたという評価もあるようだけど、立ち上がり相手の様子見の時間に攻勢をかけるという日本の戦略がバッチリハマったともいう。試合後のインタビューなどを見てもチームは決して舞い上がってるようなことはなく落ち着いているようだし、決して不思議の勝ちではなかったんだろうと思う。

  岡田元監督が、セネガルの解説をしていた。

セネガルは実際に見ると、身体能力の高さに驚くし速さに圧倒される

けど、ビデオで見直すと、組織力があると言ってもまだ甘いところがあるし、

パスでそこまで回せるかといえばそうでもない。身体能力の高さと組織力という事前の刷り込みにとらわれない方がいいと言う。

 セネガルの選手たちは、逆足だと蹴れないとか、シュートがあまり上手くないらしい。

ディフェンスラインと中盤のラインの間をついていくと効果的だと言う

 あと20分でキックオフ。どんな試合になるだろう。