「勘弁しては一切なかった」の報道を見て

自民党の河村健夫衆院予算委員長が20日に記者団に話した安倍首相の発言について、翌21日になって誤りがあった釈明したという。
会食中、国会審議について「お手柔らかに。もう集中審議は勘弁してほしい」と安倍首相が発言したという当初の説明を、『「勘弁して」という言い方は一切なかった』と否定、『「お手柔らかに」という言葉も、予算委員会の議事進行を「よろしくね」という感じだった』と説明したという。

国会の委員会答弁で、安倍首相が聞かれてもいないことを長々話し、質問者が委員長に注意するよう求めるシーンはよく見るような気がするけど、その場をしきる委員長はときたま注意するくらいで、結構イライラした覚えがある。
「お手柔らかに」なんて念押ししなくても(河村委員長の発言によれば、議事進行しっかりね、という意味だったらしいけど)首相に対しては十分配慮されているように見える。そんなんでいいのかなあとは思うほどに。

この件に対して、テレビのコメンテーターが、都合の悪いことはなかったことにする、その姿勢を批判的に語っていた。
安倍首相が「勘弁して」と本当は言ったのか言わなかったのかはわからないけど、これまでのいろんな人の嘘としか思えないような話の数々を思うと、河村委員長の「一切ない」という否定をハイそうですかとは受け取れない。

「一切なかった」って結構強い否定だけど、強く断言されればされるほど疑りたくなってしまう。そもそもそんなに強く否定するほどの発言でもないような気もするんだけど。