ハイキュー!! 第304話 点のとりかた 感想

 烏野のセットポイント、サクッと取るどころか逆にしれっと取られてしまった。


前回だったか、『強い守備は 殴り合いを制してきたプライドに 火をつける』と思ってた潔子さんが、第一セットラストの研磨のワンプレイで一気に自信と信頼がしぼんでしまったみたいだ。


研磨が言うように、烏野は日向・影山の「どこからでも常に速い攻撃」に引っ張られて、全員が常に攻撃を意識するチームになってきたと思う。
影山がトスに走る道、人が交錯する場所を狙われる、という状況は最初の青城戦でもサーブの狙いどころとして使われていた。今回はサーブではなくラリーの最中のボールだったけど、まさかのお見合い。2回目の青城戦ではちゃんと対応していたけど、ラリーの最中という状況は選手にとっては、また違うものなんだろうか。
攻撃意識の高さからの凡ミスというより、1点を取ることに焦りすぎたゆえの凡ミスという気がする。
まさに穴のある烏野を象徴するようなプレイ。研磨のファンにはたまらないプレイなんだろうなあ。


烏野対音駒は、連載初期からの因縁と言えば因縁であることは確かなんだろうけど。セット最終盤、25・25のデュースの場面で4人のスパイカー全員が【あの日から 掴めそうで掴めない1セット 傍目には単なる1セット でもおれたちには 劇的な1セットだ】
【俺が決める】と点取りに前のめりになるほど、烏野メンバーが対音駒戦に思い入れを持っていたとは思わなかった。
烏野メンバーたちの対音駒戦への入れ込み感が自分の想像を超えているのが、この試合への違和感なのかなあと思っていたんだけど、烏野が受けて立つ側として書かれていることも、これまでとは違うという意味で違和感に繋がってるのかもしれない。

セットを取り急ぐ烏野。そこを研磨につかれて、オーバーネットを誘うプレイに引っかかってしまった。稲荷崎戦で引っかかったのは旭さんだった。今回は月島。セッターと同じくネット際職人であるはずのミドルブロッカーが引っかかるとは。


烏野は予選では白鳥沢、本大会ではインハイ2位の稲荷崎に打ち勝ったことだし、攻撃力は多分この大会中でも何本指かに入るんだと思う。ちょっと欲目交じりですが。
それも一人のエースの強打力に頼るのではなく、多彩な攻撃パターンを軸にしての攻撃力だから、なかなか的を絞るのは難しいタイプだろう。
そんな烏野が今まで苦労してきたのは、伊達のブロック、ゲスのブロック、2mブロックなど、ブロックでの防御という印象がある。
男子バレーは女子バレーに比べるとラリーがそれほど続かないというけど、それほど男子のスパイクのスピードと威力にディグでは対応しきれないということなんだろうと思う。だからこそブロックが重要で、これまでの試合では烏野はその通り相手ブロックに苦労してきた。それがこの試合では、ディグで拾いまくられている。この試合でも、影山は相手ブロックを結構翻弄してるように描かれている。それでなお拾われまくるってのがなあ。
音駒はブロックとフロアの連携がいいという説明はあるし、日向のスパイクは軽いし、高校男子だし、と説明はつくのかもしれないし、音駒とは相性が悪い、手の内を知られている、烏野はもともと穴がある、ということで納得すればいいんだろうけど、どうしても釈然としない感じが残ってしまう。(とくだくだ言いたくなるのは、単に音駒が好きではないからだと自分でもわかってますが。)
漫画的には対照的なライバルがせった試合をしなければ面白くないんだろうけど、漫画にしろなんにしろそういう読み方はしたくないしなあ。

烏野の中では唯一影山くんの落ち着きにホッとする。