ハイキュー!! 第303話 嫌い 感想

天童さんは正統派ではないけれど、ちゃんとしたブロッカーで、烏野のエースはやっぱり旭さんだと再認識したエピソードでした。

旭さんがいつもブロックを吹き飛ばしていたから、ブロックとタイミングをずらす事≒ブロックを吹っ飛ばす事だと思ってた。
でも、ブロックとタイミングをずらす目的は、『吹っ飛ばす事じゃなく ブロックの形を チョットでも崩す事』。
吹っ飛ばすのは目的ではなく結果、、。旭さんのスパイクは、和久南の中島のようなブロックアウト狙いというわけではなかったみたいだ。ブロックの形を崩すこと、それもほんの少し。


『空中で理想の形を保っていられるのは一瞬』と天童さんが言うのはブロッカーのことなんだろうけど、それはアタッカーにも当てはまるはず。どうやってそれをするのかよくわからないけど、空中で静止してるようだと言われたウシワカと同じように、旭さんもほんの少しだけブロッカーより長く理想の形を空中で保っていられるみたいだ。
形が『崩れれば吹っ飛ばされる事もあるし』『吸い込む事もある!』

今回は三度目の正直で旭さんは決めたけど、それこそずっとこんなラリーばかりでは、天童さんが言うようにいずれはどこかの段階で、「いい加減決めないと」と焦ってしまってもうしようがないような気もする。そうなったら猫の思う壺かもしれない。どうなんだろう。
でもずっとそば見ている潔子さんは、『何度拾われたって彼らは挫けない』と信じてる。それどころか、『強い守備は 殴り合いを制してきたプライドに 火をつける』という。

拾われれば拾われるほど、心が折れるのではなく、決めてやるという思いが強くなるんだろうか。
それが悪い方に傾くと、天童さんが言うような焦りにつながり、いい方に傾くと、今回の旭さんのように、相手の出方に対応して攻撃の形を変えるというような選択ができるのかもしれない。フェイントを選んだ時の一瞬の自分のビビリも、わかってるのと分かってないのでは、まるで違うんだろうと思う。(それにしてもせっかくのフェイント、ちょっとコースを選べなかったのかなとは思う)。


烏養コーチは、音駒の対応の早さは尋常じゃないというけど、この試合で見せたのは1回だとしても他の試合では披露してるし、当然研究してきたはずだ。

ネコの守備力は確かにすごいのかもしれないけど、烏野だってたぶん対応力は負けてないはず。全国何本指クラスのスパイカーたちに烏野は打ち勝ってきたと言われるけど、相手の攻撃を凌がなければ打つところまでも繋げなかったはず。影山の言うように、対応されたら対応すればいい。

 

とりあえず烏野のセットポイント。ここはサクッととってほしいなあ。