日大アメフト部指導者二人の会見の報道を見て

日大アメフト部の選手による危険なタックルをめぐる問題についての日大の内田前監督と井上コーチによる会見は、結構荒れた会見になったみたいだ。ネットで中継されたという会見を全て見たわけではなく、テレビで部分的に見ただけなんだけど、タックルをした選手が可哀想に感じてしまった。
タックルをした選手本人による先日の会見の内容を、部分部分では認めながらも、全体としては選手個人に全ての責任を負わせるような内容になっていたように思う。
会見の後半は、日大側で司会を担当した広報の人と記者たちのバトルになってしまったみたいだ。なぜこの人にこの会見の司会をさせたんだろう。

「潰せ」などの激しい表現は、あくまでルールの範囲内でのことだったのに選手が別の受け取り方をした、と二人は言いたいらしい。
けど、選手本人の会見での説明や報道などを見ていると、「つぶせ」というのは文字通りラフプレーで相手を潰すことだったように思う。選手にそのようなプレイをさせることで、選手自身の「弱い心」を鍛え、結果的に選手を「強く」するのだと、「文字通り相手を潰す」プレイは、その選手のために必要なこと、選手を成長させるための通過儀礼だとでもこの指導者達は思ってるんじゃないかと疑りたくなってしまった。

仮にこの人たちがそのような意図で、選手にプレッシャーをかけたのだとしたら、この人たちは人の弱さと強さについて根本のところでえらい間違った理解をしてるような気がする。