ハイキュー!! 第302話 猫の爪 感想  

 

猫は爪が武器みたいだ。カラスの反撃はいつになるやら。

烏養元監督は試合の観戦を楽しんでるようだ。烏野が追い上げられていく状況さえ「さあ次の手はどうする?」と言わんばかりにニンマリと見ている。対ネコ戦に最も思い入れが深いだろう元監督。烏野の試合を観戦する時はいつも楽しそうだ。現役を退いたからなのか、勝負にキリキリとする様子もなく、ただ自分が求めてきたバレーのコンセプトをたぶん無意識に継承している今のチームの戦いを、純粋に楽しんでいるように見える。

大地さんのバックアタックはまだまだ新鮮なようで、ブロックは0枚。大地さんのスパイクは朝日さんや田中さんほど強烈というわけではなさそうだけど、音駒はブロックが整わなければディグの位置どりも整わないみたいだ。大地さんは打つとこがない状態にはならず普通にスパイクが決まってよかった。

影山くんは、スパイカーがレシーブの直後だろうと、体勢が崩れず打てそうだと思えば上げてくる。今回大地さんは、速い球足の黒尾のサーブを上げた後すぐに攻撃の態勢に入って、バックアタックを決めた。よくわからないんだけど、リードブロックができないような攻撃だったのかな。黒尾さんだったら飛べたんだろうか?

音駒は、前衛の日向を牽制する作戦みたいだ。リエーフの前回のサーブはネットだったけど今回は狙い通りちゃんと日向の前に落ちて、日向は攻撃に入れず。選択肢が少なければリードブロックも容易なんだなあ。(大地さんのバックアタックの時は攻撃が4枚だったから、やっぱりリードブロックは難しかったのか?)
研磨も日向狙いだったし、前衛の日向を止めることも、カラスの羽をもぐことなのかな。


これまでの試合を見ていると、烏野のスパイカーには技巧派と言えるようなタイプはいないような気がする。
旭さんはタイミングをずらしてブロックを吹き飛ばすのをマスターしたみたいだし、田中さんも意外に冷静な判断をする。けどパワーヒットじゃなくてもいいから、フェイントをしたりコースを綺麗に狙って打ったりするのはほとんど見たことがない(月島のフェイントは見たことあるけど)。
タイミングをずらしてブロックの落ち際にブロックを跳ね飛ばすのがブロックラッシャー(?)なら、フェイントとかできそうなきがするんだけど、無理なのかな。和久南戦で、縁下さんがコートの深くまで下がってブロックアウトのボールを拾うのに備えたように、ネコの後ろ3人も1歩後ろに引いて構えているように見える。全体を見ることができないから見当違いかもしれないけど、後ろに弾かれるだろうことに備えて構えてるなら、コートの真ん中や前の方は狙い目だと思うんだけど。タイミングをブロックの落ち際までずらすなら高さに引っかかることもなさそうだし。トスが上がってスパイクを打つまでの一瞬に判断して切り替えるのは、難しいことなんだろうか。
ネコが対応してくるなら、さらに対応すればいい。


でもなあ。当の日向に、牽制されてる自覚はなさそうだ。それとも、牽制されるオレ!くらいに思ってるんだろうか。レシーブの穴だった日向がレシーブに目覚めたところを逆に研磨に狙われた、、、ってことなんだとしても、研磨のサーブを拾ってそれだけで満足してる日向を見ると、影山くんじゃなくても、上げて当然サーブを拾ったくらいで何完結してんだボゲ!と悪態の一つもつきたくなってしまう。

 

緊張を感じさせないのびのびとしたプレイができてることはいいことなんだろうし、まだ第1セットだということもあるんだろうけど、読んでいて1点の重みが感じられない。
もう一度がない試合のはずなんだけど、、、。これから加速していくのかな?