麻生大臣の報道と解散の報道を見て

財務省事務次官(元になるのかな?)によるセクハラ疑惑に対する麻生大臣の対応が批判されている。
まあ確かに放送される麻生大臣の記者対応を見ると、あの態度、言葉遣いは、麻生節なんて呼び方をして、だからしようがないよと思えるレベルを超えている。あのべらんめえ調がかっこいいと、本人は思ってるんだろうか。
時と場合をわきまえない上から目線のべらんめえ調ほど腹がたつものはないなあと、セクハラ問題での麻生大臣と記者とのやり取りを見るたび思う。

麻生大臣は、はめられて訴えられたのではないかと世の中にはいろんな意見がある、と発言したと報道されてる。テレビ朝日の説明を聞いた限りでは、まったくトンチンカンな意見だと思うけど、麻生大臣はどこからそんな意見を仕入れてきたんだろう。

先日の東京新聞の一面に、ここのところ連続して発生している安倍政権での疑惑・不祥事を表にまとめた記事が載っていた。
裁量労働制についての厚労省の不適切なデータ問題や、財務省の決済文書改ざん、自衛隊の日報「発見」問題など、そのうち一つでも国会の議論の土台になる資料の信頼性にヒビを入れるような問題だと思うけど、他にも問題がありすぎて、問題の優先順位をつけないと何が何だかよくわからない。

首相は問題が追求されるたび、行政の長としての責任を口にしてうみを出し切るというけれど、とても信じられない。

この混沌状態を打破するために解散総選挙、が自民党の中でささやかれ始めたとテレビ番組で政治ジャーナリストが発言してた。夕方のニュースでも、解散の話題が出ていた。
ナニ言ってんですか、と本気で腹が立った。
解散なんてことを囁く人たちに対しても腹がたつけど、それを普通に報道して解説するメディアにも腹がたつ。
選挙をなんだと思ってるんだろう。議員の仕事は選挙だとでも思ってるんだろうか。(まあそうとしか思えないけど)
この間、北朝鮮の危機を煽り立てて選挙をしたばかりで、その時も腹が立ったけど、ここにきて解散を言い始める人たちがいるなんて。いくらなんでもそれはないだろうと思っていたけど。

 

解散は野党に対する牽制で、さすがにやらないだろうというのが政治記者の見立てらしいけど、同時に政治の世界は一寸先が見えないとも言っていたから、まるで可能性がゼロって話でもないみたいだ。

前回の選挙の時には首相の解散権について少し議論になったように思うけど、ちょっと真剣に国会で議論してほしいなあ、と思います。