シリアへの攻撃の記事を読んで

今日の朝刊には、【シリア対応 判断先送り 米、慎重に証拠固め】と、12日のホワイトハウスでの国家安全保障会議ではシリアへの軍事攻撃の最終判断を下さなかったという記事が載っていた。14日(土)から現地調査に入る化学兵器禁止機関の動きやシリア・ロシアの出方を見極めているとみられると記事は伝えていた。

【,「化学兵器はでっちあげ」 反体制派幹部異例証言 アサド政権実行説に疑問】という記事もあった。シリア反体制派の人権団体幹部が、共同通信の電話取材に答え、公開された東グータ地区への化学兵器攻撃による被害者の映像が不自然だとし、【「アサド政権に抵抗する反体制派への支持を結集するため、でっち上げられた」と主張】したという。

また、アメリカやフランスは、アサド政権が化学兵器で攻撃したと主張する一方で明確な証拠は明かしてないという。

すぐには攻撃がないのかと思ったら、今日の午前中(日本時間)にシリアへの攻撃を命令したとトランプ大統領が発表した。発表の時点で、英仏も参加して攻撃は実行されていたらしい。