北朝鮮のいろんな首脳会談の報道を見て

トランプ大統領は(安倍首相も)、北朝鮮が対話の方向に向いたのは最大限の圧力と制裁の効果だと自画自賛したと報道された。

粛清あり、思想の矯正収容所あり、マンセーあり、おまけに神秘のベールに包まれたよくわからないけどなんとなく怖い国という北朝鮮のイメージを、柔らかい物腰と微笑みでかなり良い方に壊した(と思う)金与正氏の平昌オリンピックに始まり、南北首脳会談開催の決定、史上初の米朝首脳会談の電撃的な決定と、北朝鮮を巡る情勢がものすごい速さで動いている。
米朝会談開催が決まり、とりあえず米朝の軍事的衝突の危険が遠のいたと思ったら、国務長官と安全保障担当補佐官が、超強硬派で名高い人たちに交替。会談がうまくいかなかった時に、軍事的オプションを取るための準備なのかと不安な気分になったところで、金正恩氏の電撃的な訪中と中朝首脳会談の報道。

中朝首脳会談で、金正恩氏は米韓が「段階的措置」をとることを条件に非核化が可能だと述べたと中国では報じられたけれど、北朝鮮の報道では非核化については触れられてないという。


報道を見てる限り、圧力と制裁に追い詰められて首脳会談に向かわざるをえないというより、むしろ北朝鮮が一連の動きを主導しているように思える。

北朝鮮から亡命した元外交官が、2016年の年末に会見で、アメリカと韓国の政権交代の隙に乗じて、2017年末までに核兵器を開発する目標だという発言をした。核保有国として交渉したいから、多額の見返りを提示されたとしても核を放棄する意思はないという。
イラクリビアの独裁者の末路を見てきた北朝鮮のリーダーは、核保有国としてアメリカと交渉したいということは、以前いろんな記事で読んだような覚えがある。

 

北朝鮮の外交官が言った2017年末は過ぎた。北朝鮮は今、核保有国としてアメリカと交渉しようとしてるんだろうか。

何をどうすれば非核化になるんだろう。