中朝首脳会談の報道を見て

昨日の予算委員会で、中国の習近平主席と北朝鮮金正恩委員長の会談について、安倍首相は、「拉致問題が置き去りにされるのではないか」という懸念があることを認めたという。
米朝首脳会談では、アメリカが北朝鮮の核保有を認めたり、米本土に届く可能性のある大陸間弾道ミサイルに焦点を絞り、日本が射程圏内にはいる短・中距離ミサイルの問題が置き去りになる可能性も考えてるみたいだ。
そういう事態にならないように日本の政府がすること(できることなのかも)は、拉致問題も短・中距離ミサイル問題も置き去りにすることのないよう、アメリカに求め訴えることだという。

南北首脳会談を開催することが決まり、米朝首脳会談も決まり(実際に開かれるかどうかはまだ懐疑的な見方もあるみたいだけど)、今週は電撃的に中朝首脳会談が行われた。
報道を見てると、日本だけが置き去りにされてるのではないかという不安な論調が目立つような気がする。

報道によると、北朝鮮を巡る動きは日本政府にとって「思ったよりも速い」(外務省幹部)のだという。

安倍首相はずっと、最大限の圧力を訴え続けてるけど、圧力の先には何を見ていたんだろう。思ったより速い、ということは、こういう流れ自体は予測して対話のための動きもどこかで行っていたんだろうか。

羽鳥さんの番組に出ていたコメンテーターが、米朝首脳会談が決裂した場合、アメリカは軍事オプションを選択するかもしれず、その時に日本がいかにそれを防ぐかが大事だと述べていた。
就任1年を過ぎて、大統領として自信をつけてきてるというトランプ大統領。このところは、人事の入れ替わりも激しい。周りはイエスマンばかりという報道もある。
安倍首相にトランプ大統領を止めることなどできるんだろうか。
そもそも100%米国と共にあると言い続けてきた安倍首相に、トランプ大統領を止めるという選択肢があるんだろうか。