佐川さんの証人喚問 感想

佐川元国税庁長官の証人喚問があった。

決裁文書改ざんについて、結局、なぜ改ざんがあったのか、どこからか指示やそれに類することはあったのか、理財局以外どの程度まで改ざんに関わっていたのか、結局はまるで分からなかった。

最初の質問者、自民党の丸川議員の書き換えについての質問に対して、総理、総理夫人、官房長官はじめとする官邸、総理秘書官、麻生大臣、その秘書官、財務省事務次官他幹部からの指示は一切なかったとキッパリ断言してたけど。

捜査の対象で訴追の恐れがあるから答えられないことばかりなのに、ここだけはあまりにキッパリ断言するから、妙に不自然な印象だけがかえって残ったような気がする。

書き換え前の文書を見た時期についても、繰り返し訴追の恐れを盾にして答えなかった。総理夫人の昭恵さんの名前を見た時にどう感じたのか問う質問にすら、訴追の恐れがあるとかで答えることを拒否。これにはさすがに質問した共産党の小池さんもブチ切れてたけど、切れるのもよくわかる。

森友学園との土地取引についても、総理、総理夫人、官邸から何らかの指示または何らかの力は一切なかったと答えていたけど、その根拠について聞かれると、不動産鑑定にかけた価格での契約であること、何らかの働きかけがあれば局長である自分に部下は話すはず、と繰り返すばかり。

事前の予想で、訴追の恐れを盾にするとは言われていたけど、呆れるほどその通りだった。