ハイキュー!! 第294話 ゴミ捨て場の決戦 感想

ハイキュー!!初期からの因縁試合が、影山くんのサーブからついに始まった。
インハイ2位の稲荷崎を結構てこずらせた影山くんのサーブだけど、ネコは軽く拾ってしまうみたいだ。いくら影山くんといえど、一発目だしこれから徐々に調子を上げてくんだろうとは思うけど、ここでは綺麗に拾われて変な顔をしてる。ネコ戦ではこの表情を見ることが多くなりそうな気がする。

影山くんに関しては、特に音駒にこだわりを持つようなエピソードも描写も覚えがない。
日向には研磨、大地さんには黒尾さん、田中さんには虎、月島にはリエーフと黒尾さん、西谷さんには夜久さん、烏養コーチには音駒のコーチ、烏養前監督には猫又監督、、、。そういえば旭さんも、3年生という括りを離れると、ネコとの関わりはあまりないような。

実況も驚くほど、スタートから怒涛のラリー。この調子でテンポよく進んで欲しいなあ。
これまでの試合、烏野は速い攻撃で会場を湧かせてきたけれど、音駒の方は連日きてるカップルが言うように地味な試合をしてきたと思う。そもそもバレーボールは落とさなければ負けないという信条の猫又監督の指導するチームだし。

それが今、会場を沸かしている。怒涛の攻撃に対し、それをしのぐスーパーレシーブの連続。会場が一番湧くのはスーパーレシーブが出た時、と言った西谷さんの言葉の通り観客は驚き湧いている。
音駒と烏野は相性が悪いと思っていたけど、見方を変えれば相性がいいと言えるのかもしれない。
攻撃の手を緩めない烏と、攻撃をことごとく交わすネコと。見ていて楽しい試合なのかな?どうだろう。

とりあえず、祭りが始まったらしい。稲荷崎戦ではあまり攻撃では目立たなかった日向。この試合は日向対研磨になるのかなあ。