法令違反ではないけれど異例なことばかり、、

【前川氏の授業 国が調査】という見出しの記事が東京新聞朝刊の一面に載っていた。

文科省の前川前事務次官が名古屋の公立中学校に講師として招かれた際の授業内容や講師を依頼した経緯などを文科省が市教育委員会に尋ね、授業内容の録音データがあれば提出するよう要請したという。

国が個別の授業内容などを細かく調べるのは異例なことみたいだ。文科相は法令上的適切で問題はなかったという見解を示したようだけど。



文科省から市教育委員会へ送られたメールには、前川さんについて「天下り問題により辞職」「在任中、出会い系バーの店を利用していたことが公になっている」などと指摘し、「道徳教育が行われる学校の場に、どのような判断で依頼されたのか」と、問うてるという。
なんだかなあ。

 

文科省は前川さんの講演など、今回以外にもチェックしてるんだろうか。

それとも今回だけは特別な事情でもあったんだろうか。たまたま今回の件だけは事前に知ったから問い合わせたというだけなんだろうか。