久々な気がする北朝鮮の話題を見て

オリンピックが終わって、北朝鮮トランプ大統領の話題が戻ってきたみたいだ。開会式で金与正氏を完全無視した態度が大人気ないと不評だったペンス米副大統領だけど、開会式のあの時点では米国と北朝鮮との会談が予定されていた(その後北朝鮮がドタキャンしたけど)ということをわかってみれば、決して大人気ない態度をとったというわけではなく、核と人権問題については米国は決して譲らないという姿勢を断固示しただけだと、テレビ番組のコメンテーターが説明してた。


北朝鮮の問題がテレビなどで語られるとき、朝鮮半島の非核化はアメリカにとっても日本にとっても譲れない問題だと言われる。
それでも北朝鮮はアメリカに届く核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイルの開発だけはやめるから核保有は見逃してね、というカードを持っていて、アメリカもそれに乗る可能性がゼロとは言えないとも言われる。
それは、日本にとってはまさに梯子を外される事態らしい。


日本としては、北朝鮮の核保有は絶対に認められないと、多分ほとんどの識者(じゃなくても)は言う。日本の隣国ということなら、ロシアも中国も、太平洋を挟んでの隣国であるアメリカもみんな核兵器保有してる。けど、差し迫った不安を感じることなく日々を過ごしてる。
アメリカはとりあえず兎も角として、中国、ロシアも持ってるのに、アメリカの核の傘があるとなんとなく信じてるのに、北朝鮮核兵器を持つとなると、理屈じゃなくて嫌だし怖い。北朝鮮の核保有は絶対に認められない、と自分も思う。


でも、日本が認めようが認めまいが、北朝鮮は核保有国としてアメリカと交渉したいという意志を翻すことは考えられないとも聞く。


北朝鮮についての議論を聞いていてわからないのは、日本は、北朝鮮の核保有は絶対に認めないとして、そのためなら北朝鮮へのアメリカの軍事行動は仕方ないと認める気なのかどうか、ということだ。
将来の不安よりも、今の戦争の方がまだマシ、と思ってるのかいないのかがわからない。わからないのも怖い。